--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画コンテスト佳作

2014年04月05日 16:10

アークスミュージアム特別編・『PSO2』動画コンテスト」で佳作を受賞することが出来ました!

これまで色々なファン活動をしてきましたが、公式的に認められた賞の受賞は初となります。
我々の初勝利と言っていいでしょう! ご協力してくださった皆様に大感謝!

本来ならば選外であった作品を佳作という形で拾っていただいた
PSO2運営チームの皆様にも大感謝であります。


酒井Pの大ファンなので見ていただけたのが確認できただけでも本当に嬉しいです。


動画の制作について


実は3回以上のゼロからの作り直しがありました。

動画コンテストに参加するきっかけは、
砂漠の砂の流れるところで男性ロビアク・ダンス17をやると面白い」というところから始まりました。

このネタで作るにあたっては入賞とか全く眼中になく、コンテストの賑やかしになればいいなぐらいで
無編集で投稿しようかとすら思っていたのです。

しかしこれが思った以上に身内ウケのネタで、私の味付けも微妙だったことから
客観的にみてまったく面白く無い動画が出来上がってしまいました。
さすがにこれはダメでしょうという話になって
こうして一番最初の動画はボツとなったのです。


しかしここからみんな本気になりました。
ガチで入賞を狙おう!と。



WebCMパロ動画


次の動画は公式WEBCMのパロディネタ。
パロディなら昔から沢山作ってきたので結構クオリティは高めに制作できます。

dc06.jpg
どこかおかしなWEBCM

この動画から、「優秀賞の動画はロビー内モニタで映像が流される」ということを強く意識しています。
オラクル船団の中でアークスのCMがあったら、というテーマで作りました。

dc04.jpg
少しだけ最初の動画の面影があります。

特に苦戦する編集箇所が存在しなかったのでかなり制作ペースは早かったのですが、
構想の段階でケーキ屋さんや戦闘機がおかしいところを入れたいという話になっていたので、
そのシーンを撮影するために緊急クエストを待たなければならないという状態になりました。

コンテスト締め切りもまだかなり先で予告緊急もあったのでのんびり作ってたら
他の方とネタが被りました。本当に悲しかったです。

dc05.jpg
ケーキ屋さんはコンテストの締め切りが終わってから遭遇しました。

こちらの動画はコンテスト締め切り終了後に構成しなおしてアップロードしました。


結果発表される前は受賞作より再生数高め


アークス☆放送局

被ってしまったものはしょうがないのでWebCMパロディはボツです。
今度は絶対に被らないように完全オリジナルな流れを構想しました。
プロット原案イメージはたらんさんです。ありがとうございます。

しかしその原案の解釈を少し斜め上に受け取って、
最初はダークSF的なホラー風映像をつくろうとしていました。(その風味は結構残してます)

a_0000.jpg
洗脳映像風味

作ってる時は一生懸命だったのですが、コンテストが終わってから見てみると
画面密度が少しスカスカしてる印象があるなって気がしました。
ホラー風味から修正する時点で締め切り一週間前ぐらいだったので、
ちょっと作りこみが甘かったかもしれません。

dc02.jpg
ぶるべるさんがアークスを解説

最後のシーンは力技。
PSO2に武器を取り出すモーションは、動画に使えるようなものは存在しないので
武器をしまうモーションを逆再生して並べています。
ここも時間が足りないのと人望が薄かったので少しスカスカしてる感じになってます。悲しみ・・・

dc03.jpg
もっとたくさん出したかった



動画のコメントで、
ライド系アトラクションのオープニングムービーみたいという感想をいただけましたが、
そういう想定はしていませんでしたがまさにそんな感じになった気がします。上手いことを言う

今回は締め切りがきっちりと設定されていたので作り込みは甘くなった気がしますが、
結果的にオリジナリティのある動画になったのでそれは良かったと思います。

他の参加者の動画を見て、実力の違いを実感するものもいくつかありました。
次回があればまた挑戦したいけど次はもっとインパクトあるものを作らないとねって感じですね。




ロゴ素材01
SEGAARKS.png

偽物ロゴ、こういうの作るの好き。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。